FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

マッコウけっこう小笠原~♪/夏合宿-前半

合宿

絶海の孤島から帰ってきました。
どうもこんにちは、成績&進振発表を明日8/21に控えドキドキ、ワクワクの2男前田です。
今回は8/6~8/18にかけて行われた夏合宿を振り返っていこうと思います。

前半は中日1日目まで、後半は中日2日目からにしようと思います。
長文になってしまいますがお付き合いください。
写真がたくさんあるので、ふんだんに載せようと思います。

8/6(合宿1日目)
この日は竹芝桟橋からおが丸に乗って移動の日でした。
おがまる

この日の前日にカラオケオールをしていた人たちはオガ丸で爆睡していました。院試の勉強や論文と格闘するOB,OGさんもいらっしゃいました。忙しいなかいらっしゃってくれて感謝ですね。

10時に出港し、18時ころには八丈島沖を通過していたかな?ちょうど日の入りが見えました。


8/7(合宿2日目)
目覚めてもまだ海の上です。トランプをしたりカタンをやったりジェンガをしたりして時間をつぶしました(笑)

そんなこんなで時間をつぶし、11時半にはついに小笠原に到着!移動時間はなんと25時間半。小笠原に空港はありません。飛行機だと3時間で着くらしいのですが、約一日船のなかで待たされるのもいいと思いました。

着いて早々ODCの船、韋駄天に乗り、ダイビングへ!
韋駄天に乗って
小笠原はほとんどがボートダイブです。

この日のポイントは
1本目:ひょうたん島
2本目:リュウモンサンゴ

1本目から早速出会えました。ユウゼン!和風な感じがすごくいいですね~。実は潜るたびに出会えたので1年生は興味を持てたのかは謎ですが、伊豆諸島にしか生息していない珍しいサカナなんですよ。
友禅

ほかには、ハタタテハゼやベニオチョウチョウウオ、一見ごみのようなクビナシアケウスがいました。(よくイントラさんは見つけられるな~)

2本目は横沈とも呼ばれるポイントで沈船ダイブでした。
沈船は漢の浪漫ですね。

ダイビング後はオガの町を散策、帰りは通称プライベートビーチを散策して宿に戻りました。


8/8(合宿3日目)
この日のポイントは
1本目:長崎
2本目:ドブ磯

1本目、エントリーした瞬間に大量のツバメウオが!30枚はいましたね。写真は自ら汚れ役を買って出てくれた我が同期です。
突進
ダイブ後は1年生とツバメウオのフォルムは生存競争上不利なのではないか?と話し合っていました。

2本目は少し流れのあるポイントでした。心配性の僕は1年生とバディを組むのに一抹の不安を覚えましたが、このダイブを機会に2年生も成長できたのではないかと思っています。
水路を入ったところには、イソマグロやヒレナガカンパチといった回遊魚をたくさん見ることができました。
まぐろ

この日は帰ったら野球をしました。この日のためにバットはより固いものを、ボールはゴムボールに買い換えました。1男はよく打ちますね。投げてる側としては恐ろしかったです。
途中で1女、ハルも参戦してくれました。(キャッチャーとしてですが)
次は1年生全員で参戦してほしいですね(-_-)
baseball

夜はVERAの観測所に行きました。
滅茶苦茶ごっついアンテナがありました。
VERA
三角測量がどうとか、大気による誤差がどうとか、真面目に話しているところを見ているとやっぱり東大生なんだなと他人事のように考えていました
4つの観測所を組み合わせて直径2300kmの望遠鏡と同じ性能を発揮するらしいです。すごい!


8/9(ダイビング4日目)
この日は父島から70キロ北にある聟島列島に行けると聞いていたので、みんな期待に胸をふくらまして韋駄天に乗りこみました。
途中でイルカに遭遇!
たしか10匹近くいたと思います。
dolphin
今日は大物に出会えるのではないかという期待がますます大きくなります。
今年の1年生はついてますね~。

しかし、湾から出てみると霧が立ち込めていて視界が悪く、ケータまで行くことは難しいということになりました。残念!!
すぐ隣の兄島が見えないほどの霧でした
fog
ですが、まだ夏合宿は始まったばかり、ケータに行ける可能性は十分にあります。

そんなわけで、この日のポイントは
1本目:ドブ磯
2本目:万作の鼻

ドブ磯ではまたもイソマグロに遭遇。しかし、2回目ともなると驚きは少なかったですが、今回はそれだけでは終わりません!
イントラさんが細いトンネルを通って何かとってきたと思ったら、なんと、20cmくらいのミカドウミウシ
ウミウシ好きの僕としては会えて感激でした。
spanish
しかし、こいつは大きいだけが取り柄ではありません。なんとこいつは泳ぎます!
その泳ぐ様子がフラメンコの踊り子に似ていることからスパニッシュダンサーとも呼ばれます。
八丈島でもっと大きな個体を見てみたいですね。

2本目の万作の鼻では固有種のアカイセエビやカールおじさんのようなワライボヤがいました。
アカイセエビがゴロゴロいて、ダイビングが終わると、全て売ると総額いくらになるだろうかと考えたりしました。
僕は普通にイセエビが食べたいです。

実はこの日にナイトダイビングをしました。
3本目:洲崎(ナイト)

1年生は初めてのナイトダイビングでドキドキだったのではないでしょうか?
潜ると下はサンゴだらけだったけど、うまく中性浮力をとれていて関心しました。
生き物も昼間のダイビングとかなり様子が異なっていました。
有名なブダイの寝袋や寝ぼけて岩にぶつかっていたツノダシ、光るウミウシが見れました。

その後はカップ麺を食べたり、マクワウリというフルーツを食べたりしました。
皮まで食べる人がいるぐらいおいしかったです。


8/10(ダイビング5日目)この日はゆっくりと午前を過ごしました。
Heart Rock Cafeで昼食を予約したのち、現役は中央山展望台へ。
小笠原って町があそこしかないんじゃないかと思うぐらい森に囲まれていました。

なぜこの日がゆっくりだったのかというと、OGさんの出迎えがあったからです。
小笠原も騒がしくなりますね……

OGさんが合流してからこの日はダイビング
1本目:バラ沈
2本目:ひょうたん島

1本目はまたも沈船ダイブです。沈船とはいってももう船の形を留めていないですけど。
エア切れ者が続出したというのはここだけの秘密です。

2本目ですが、これから沖に出て深度を上げていこうとしたその時、イントラさんが指さす先にはマンタが!!
水面に浮上するとオニイトマキエイではなく、ヒメイトマキエイだったということが発覚!残念
オガはツンデレだな~、まったく。

この日のメインイベントはダイビングではありません。
ちょうどこの日は盆踊りがありました!
ぼんおどり
みんな踊り狂っていました。僕の地元の盆踊りより踊っている人多かったです。
また2年後が楽しみです
盆踊りの間には花火大会が催されました。
すぐ隣にある港で打ち上げているので、花火が大きい!そして音がすごい!

実は、まだこれで終わりではありません。
1年生の役職発表がありました。感想としては、今年は大変そうだな~、って感じです。
飲み会では確か、OGさんから人生相談を受けた気がします。


8/11(合宿6日目)
中日1日目です。
飲みは夜通し行われたようで、午前中寝ている人をおいて、僕、小田さん、あみさんで洲崎へ。
防空壕探しにいってしまい、なかなか戻ってこない小田さんを車のクラクションで呼び戻すという珍事がありました。

午後は現役ほぼ全員で境浦にスキンをしに行きました。
境浦
奥に見えるのは船の残骸です。

夕方にはクジラ像前に集合し、一同シーカヤックをしに。
シーカヤックのペアの選び方は海洋研らしからぬチャラいものとなってしまいました(笑)
男女分かれて、男子が目をつぶり、女子がくじで引いたペアの男子の手を握るってやつですが、伝わりますかね?
1年生はOB,OGがかっさらっていきました。
sunset
すこし曇っていましたがきれいでした。
ジョニー強烈だったな~、とってくれた写真全部逆光だったし……(笑)

夕食は居酒屋ときちゃんを貸し切って宴会。古川さんもいらっしゃってくれました。ありがとうございます。


長文になってしまいましたが、夏合宿前半はこんな感じです。
後半へ続く!
スポンサーサイト

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

プロフィール

 海 洋 研 メ ン バ ー

Author: 海 洋 研 メ ン バ ー
東京大学スキューバダイビングサークル・海洋研究会のブログです!
他にも
instagram:instagram.com/kaiyouken_diving/
twitter: @kaiyouken_ken
https://twitter.com/kaiyouken_ken

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
 

Copyright ©東京大学 海洋研究会 - Blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。